厚生労働省主催の令和2年度「見える」安全活動コンクールにおいて弊社の7事例が優良事例に選出されました!

令和2年度「見える」安全活動コンクールに応募した弊社の活動事例が優良であると認定されました。
厚生労働省安全プロジェクトは、労働災害のない日本を目指して、働く方の安全に一生懸命に取り組み、
「働く人」、「企業」、「家族」が元気になる職場を創ることを目的としています。

以下の5つの類型で、ササキの7事例が選出されました。
・転倒災害及び腰痛を防ぐための「見える化」➡ 2事例
・熱中症を予防するための「見える化」➡1事例
・化学物質による危険有害性の「見える化」➡1事例
・通勤、仕事中の健康づくりや運動の「見える化」➡2事例
・その他の危険有害性情報の「見える化」➡1事例

今回の選出は、職場内での業務改善の積み重ねが評価された賜物だと思います。
厚生労働省のHPに弊社の活動事例が紹介されています。
これからも株式会社ササキは安全な職場づくりを目指して、改善活動に取り組みます。

一覧へ戻る